健康生活~狭心症を和らげる~
健康生活~狭心症を和らげる~

狭心症の症状を和らげて健康的な生活を享受していきましょう

用量の違うメインテート錠の半減期

メインテート錠0.625mgは、一般名をビソプロロールフマル酸塩錠と言います。
主に、不整脈の症状を抑えるために処方されます。
服用方法は一日1回経口投与していきます。
服用にはいくつかの注意点があります。
まず、飲みはじめは1日1回メインテート錠0.625mgから始めます。
これを2週間以上服用し、その効果に合わせて1日1回1.25mg増量します。
さらに忍容性があれば、4週間程度の長さで様子を見ながら増量していきます。
効果が現れないなど、忍容性がない場合は減量していきます。
薬の量の半減期などは、メインテート錠0.625mg~メインテート錠5mgのあいだで、段階的に増減を行います。
服用の際は必ず1日1回でなければなりません。
薬の量は年齢や症状により変わっていきます。
必ず患者さんのお薬の反応を比較しながら増減していきます。
この薬を服用する際は、いくつかの注意点があります。
褐色細胞腫の患者さんや慢性心不全を合併する高血圧症・狭心症の患者さん、慢性心不全の患者さん、それぞれ薬服用時には用法用量以外ににも併用するお薬な度があります。
また副作用が起こる場合もありますので、注意が必要です。