健康生活~狭心症を和らげる~
健康生活~狭心症を和らげる~

狭心症の症状を和らげて健康的な生活を享受していきましょう

狭心症を改善するための断食期間の過ごし方

狭心症は血管が細くなり血液の流れが悪くなることで、胸の痛みなどが生じます。
特に肥満の人のリスクが高く、血液内に脂肪が多い人は狭心症予備軍です。狭心症は、血液の流れが悪くなるのが問題なので、それを改善出来れば症状は治まっていきます。処方薬ではニトロという血流を良くする薬が使われます。
自分で狭心症のために何かしたいという人は、断食を行ってみると良いです。断食といっても、修行僧のように厳しいものではありません。最近では夕食を抜くプチ断食ダイエットや、期間を決めてその間はスムージーだけで過ごすファスティングダイエットもあります。
断食期間中は、生活に注意が必要です。特に狭心症の人は心臓が弱っているわけですから、自己流で極端なことをすると、命の危険があります。やっても良い状態かどうか医師の判断を仰ぎましょう。
許しが出たら、期間を決めて取り組みます。その間には、無理に運動することは絶対にやめましょう。狭心症の人はただでさえ運動制限が出ていることが多いですが、さらにエネルギー不足のときに運動してしまうと、体に負担がかかりすぎて心臓に異常が出る危険性があります。
無理なく行うには、期間中は安静にしてお風呂なども極力控えるようにしましょう。食べないでいるとなぜ体に良いかというと、消化に必要な血液が胃に集中してしまわないために、血液の流れが良くなるからです。血液の流れが良くなると、体の隅々まで酸素と栄養が行き渡るようになります。また、体が飢餓状態になることで、体を守ろうとする免疫の力が強くなり、ウィルスや細菌に強くなります。
食べないでいることで体の防衛本能が強まり、自然治癒力がアップして狭心症が改善されるということです。