健康生活~狭心症を和らげる~
健康生活~狭心症を和らげる~

狭心症の症状を和らげて健康的な生活を享受していきましょう

日本小児学会と小児の狭心症やメニエール病の現状

小児における疾患は成人における疾患とは異なる特徴がある場合が多々あります。成人となるとあまり患わない疾患もあれば、小児の時期では原因が先天的である可能性があるものなど、成人治療を行う知識とは別のものが必要になることが多々あります。治療においても成人とは異なる治療方針を持たなければならないことも多く、小児に対しては各分野で専門家がいるのが一般的です。
こういった状況は学術界においてもそうであり、日本小児循環器学会や日本小児耳鼻咽喉科学会、日本小児神経学会などの様々な小児に特化した学会があります。こういった学会では小児の病気の診断や治療に特化した研究がなされており、小児の診療における近年の傾向といったものも世の中に知らしめる努力が進められています。
小児において古くから言われていたのが小児は狭心症にならないというものでした。狭心症は虚血性心疾患であり、冠動脈の狭窄によって起きるものであったり、心臓の血管系そのものに異常が生じることで発生するものであるという考え方があります。そういった傾向は心臓や血管系を酷使してきた高齢者になるに連れてリスクが上がるということから、狭心症は小児にはまずないと考えられてきました。しかし、先天的に心臓が狭心症を伴いやすい形状を持ってしまっている小児だけでなく後天的に狭心症を生じてしまっていう小児も増えてきていることが明らかになってきています。
同様のことがめまいの原因となるメニエール病についても言えます。メニエール病は内耳の病気であって小児には見られないとされてきました。しかし、先天的な障害や生活習慣の変化による影響で小児のメニエール病も増えてきているのです。