健康生活~狭心症を和らげる~
健康生活~狭心症を和らげる~

狭心症の症状を和らげて健康的な生活を享受していきましょう

心臓に負担が掛かる様々なシーン

日常には心臓に負担が掛かる様々なシーンが潜んでいます。

例えば、温度差が大きい場所では血圧が急激に上下し、心臓や血圧に一時的に大きな負担がかかります。
暖房を付けた部屋から寒い廊下、トイレ、お風呂への移動などです。
特にお風呂は寒い廊下から脱衣所へ移動し、熱いお風呂に入ることで大きな温度差を繰り返し、血圧が変動しやすくなります。
さらに入浴中の心臓発作はそのまま溺れてしまい、命の危険につながりやすいので特に注意が必要です。

逆に夏場に冷房の聞いた屋内から暑い屋外に出る場合も注意が必要です。

また、忙しさで疲れがたまっている時にも心臓発作を起こしやすくなります。
忙しくしていると不摂生になったり、タバコやアルコールの量が増え、体の疲労を増加させ、発作のリスクを高くします。

さらに、睡眠不足が続いていると発作に注意する必要があります。
40歳を過ぎたころから体に与えるダメージが大きくなるので、仕事で眠れない場合は注意が必要です。
忙しくなくても若い時と同じようにはいかないので、極力夜更かしをしないように心掛けるべきです。

また、ストレスをためるのも心臓に負担がかかります。
イライラは血圧を上昇させてしまいます。
スポーツ観戦などで一時的に血圧が上昇してしまう時があるので、注意が必要です。